銀行系のカードローンの人気の理由

カードローンの取り扱いも消費者金融だけでなく、今は銀行でも行っています。三菱東京UFJ銀行のような大手メガバンクはもちろん、千葉銀行、スルガ銀行のような地方銀行でも、やはりカードローンサービスの取り扱いをしています。

 

消費者金融と比べて、現在は銀行のカードローン利用者が順調に増えてきています。ほとんど全ての銀行でサービスが始まったのもその理由の1つですが、利用者側に選ばれている側面もあります。銀行のカードローンには様々なメリットがあります。

 

カードローンの手続きが安心

カードローン申込者の心理として、名前を知らないような所からは借りるのが怖いという思いがあります。今でも闇金は存在していますし、知らない所で借りてしまい、法外な利息を要求されるとしたら、少しでも安心できる所で申込みをしたいと思うのは当然です。

 

そのために大手消費者金融は広告に力を入れて認知度を高めています。実際アコムやプロミスであれば安心して申込みができるという理由で選ぶ人も少なくはありません。実際に大手消費者金融で借りられる千葉市のモビットは信頼性の面で多く選ばれてる側面もあります。

 

それが銀行であれば、尚更安心だと考える人は多いです。誰でも知っているような大手でもいいですし、自分が普段利用している銀行であれば、より安心して申込みができます。

 

馴染みのある金融機関で借りられるというは、銀行のカードローンが選ばれている理由として大きいです。

 

 

借りる際の金利が低い

銀行のカードローンの特徴として、金利の低さがあります。銀行は消費者金融と比べて資金力が高いです。消費者金融の営業の場合、自社のお金を直接貸し付けているのではなく、銀行などから借りたお金を使って貸付けを行っています。

 

ただしこれだと、銀行に対しての利息も払わなくてはならないので、消費者金融の金利はどうしても高くなってしまいます。銀行の場合、自社の資金から貸付けを行うので、その分金利を抑えて貸付けを行えます。

 

金利が低いというのは、お金を借りる上で大きなメリットになります。それだけかかる利息が少なくなるので、毎月の返済額を抑えたり、支払総額を抑えたりできます。

 

例えば消費者金融で10万円程度の借入れを行うと、4~5,000円の返済は求められます。これは金利が高いので、それ位返済していかないと利息を差し引いた元金分がほとんど減らないためです。銀行のカードローンの場合なら、10万円程度までの借入れなら、毎月2,000円から返済できる所もあります。

 

また、毎月の返済額が同じであれば、金利が低い方が早く完済できます。返済総額も抑えられるので、お得に利用が可能です。

 

銀行は総量規制の対象外

審査が通りやすく、誰でもお金を貸してくれそうなイメージが根強い消費者金融ですが、最近は審査落ちしてしまう人も増えてきています。消費者金融の審査に落ちてしまう理由の1つが総量規制です。消費者金融では、貸付け条件について法律で制限されています。

 

第一に、他社を含めた借入総額が年収の1/3を超える貸付けは禁止されています。例えば年収300万円で、他社合計で80万円の限度額でカードローンを組んでいる場合、新たに借入れできるのは最高でも20万円までとなります。

 

第二に、借入額が50万円を超える場合、もしくは他社含めた借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書類が必要となります。

 

これらの制限によって、消費者金融では多額の借入れのハードルが高くなってしまいました。例えば自分自身に収入のない専業主婦は、消費者金融で申込んでも断られてしまいます。

 

銀行は総量規制の対象外です。年収の1/3を超える金額のカードローンも禁止されていません。収入証明書類も、数百万円の借入れでなければ基本的に不要です。その為、消費者金融よりも借りやすいという理由で銀行のカードローンを選ぶ人もいます。

 

銀行ならおまとめや借り換えにも

大きな金額が借りられる銀行であれば借入れの一本化にも利用ができるため、細かく高い金利で多くから借りている方も、一本化のおまとめローンで返済負担を軽くできる可能性があります。

 

おまとめローンとして利用をするならオリックス銀行カードローンへの借り換えが人気であり、限度額が大きくなると金利が下がることでおまとめローン、借り換えローン向きと言われています。

 

来店不要で契約が進められるのもオリックス銀行カードローンの良い点であり、手間をかけずにカードローン契約が行えることで、おまとめや借り換えの利用で注目を集めています。